誰でもわかる!40坪外壁塗装の費用相場と業者の選び方を解説

家を建てて10年近く経てば、外壁に汚れが目立つようになるものです。

 

「40坪の家に住んでいる。外壁塗装をしたらいくらになるのだろう」「費用の相場を知りたい」と思う人も多いことでしょう。

 

今回は、40坪の住宅で外壁塗装を行う際の相場を解説していきます。

 

ある程度費用相場を知っておけば、業者から見積もりを受け取ったときに適切な金額かどうかが分かるはずです。外壁の費用相場を知って、適切な値段で業者に依頼しましょう。

40坪の外壁塗装の費用相場

40坪の家の外壁塗装にかかる費用は、90〜140万円が相場です。これから外壁を塗装する方は、まずはこのくらいの費用を目安にしましょう。

 

平均の価格は、117万円程度ですが、選ぶ塗料や住宅の形状・別施工があるかによって外壁塗装の費用は大きく変わるため、あくまでも目安と考えましょう。

 

費用相場が変動する主な要素

外壁塗装の費用相場は、主に以下3つによって変わります。

  • 使用する塗料のグレード
  • 外壁面積の広さ
  • 同時にする別施工の有無

 

同じ40坪の住宅でも、このように金額の差が出る要素がいくつもあります。

ここではそれぞれについて詳しく解説していきます。

使用する塗料のグレード

塗料の種類

40坪の外壁塗装の費用相場

アクリル

60〜80万円

ウレタン

70〜90万円

シリコン

80〜100万円

フッ素

100〜120万円

遮熱・断熱塗料

115〜140万円

光触媒

120〜145万円

 

外壁の費用は、メインである塗料の種類によって金額が大きく変わります。しかし、塗料の種類は一概に価格だけでは判断できません。

 

外壁塗装に使われる塗料には、アクリル系の塗料から、光触媒の塗料まで多くの種類があります。

 

例えば、最も多くの人に選ばれているのはシリコン系の塗料です。シリコン系の塗料は、価格と機能のバランスが良く、カラーバリエーションも豊富にあります。

 

他にも、価格を抑えられるアクリル・ウレタン系や、遮熱や断熱機能を持つものもあります。選ぶ塗料によって機能性も変わりますが、金額も変わることを知っておきましょう。

 

外壁の面積が広くなるほど高くなる

外壁塗装にかかる費用は、外壁の面積が広くなるほど高くなります。塗装の費用は、一平米ごといくら、という単位面積あたりで算出するためです。

 

そのため、外壁面積が広ければ広いほど塗装代は高くなります。おおよその外壁面積を算出するためには、以下の計算式を使います。

 

  • 「延坪×3.3×係数=外壁塗装面積」係数=1.2~1.7

 

まずは、自宅の坪数に3.3をかけて、延べ床面積を算出します。これは、1坪が3.3平米であるためです。

 

次に、係数の1.2〜1.7をかけて、窓などの塗らない部分を省きます。すると、40坪の場合は以下となります。

 

  • 40×3.3×1.2=158〜224平米

 

しかし、この計算式で出すと実際の数値と違う可能性も捨て切れません。なぜなら、家ごとの形状の違い、開口部の面積によって外壁面積は左右されるからです。

 

また、家を建てたときの設計図面から塗装面積を予測する方法があります。実際の図面に基づいて出した方が正確です。3階建ては塗装面積が更に広くなるため、注意しましょう。

 

同時に別施工をすると外壁塗装の単価が下がる

外壁の塗装をするときは、付帯箇所の塗装も同時に行うと単価が下がります。これは、付帯箇所の塗装面積が価格に影響するためです。付帯箇所とは、ベランダ・雨樋・破風などを指します。

 

また、外壁塗装と屋根塗装は同時に施工すると足場代を節約できます。40坪の家では、足場代は約20万円〜25万円かかるのが一般的です。

 

別々に工事をすると足場代がそれぞれかかりますが、同時に施工することで1回分の費用で済ませられます。コスト削減のためには、別施工の範囲を増やすと良いでしょう。

40坪の外壁塗装の費用の内訳

外壁塗装にかかる費用の内訳は、大きく分けて塗料代・足場代・その他の施工費の3つに分けられます。

 

40坪の外壁塗装費用の内約

概要

塗料代(20%)

塗料の材料費

足場代(20%)

工事を安全に行うための足場費用

その他の施工費(60%)

施工費・高圧洗浄・下地処理・養生・現場管理など
施工にかかる費用

 

塗料代とは、純粋に外壁塗装に使われる塗料の材料費です。総額のおよそ20%を占めます。

 

次に20%の費用を占めるのは、足場代です。外壁塗装は1棟まるごと2階まで塗っていくため、工事を安全に行うために足場を組んでいきます。

 

最後に、60%ほどの大きな割合を占めるのは施工費用です。塗装を塗る作業員の施工費用と、高圧洗浄や下地処理費用などが含まれます。

 

塗料代

外壁の材料費(塗料)の相場は、塗料のグレードによって大きく異なります。

 

塗料の種類

相場費用(1平米あたり)

耐用年数

アクリル

1,400〜1,800円

4〜7年

ウレタン

1,700〜2,200円

6〜10年

シリコン

2,300〜3,000円

8〜15年

フッ素

3,500〜4,800円

15〜20年

遮熱・断熱塗料

4,000〜5,000円

15〜20年

光触媒(無機)

4,500〜5,500円

15〜20年

 

塗料を選ぶときには、費用相場も重要ですが、耐用年数に注目してみてください。

 

塗料は、平米あたりの費用と塗料が高くなると、耐用年数も長くなります。そのため、1回あたりの施工費用が安くても、早いタイミングで次の塗り替え時期がやってくるかもしれません。

 

長期的にみると、1回の塗り替えで耐用年数が長い塗料を選んだ方が費用を抑えられるケースもあります。

 

ご家庭ごとのリフォーム計画やライフプランにもよるため、自分にあった塗料を選びましょう。

 

足場代

足場代の相場は、1平米あたり600〜1,000円が相場です。しかし、あくまでも相場の価格で、住宅の周辺環境によっては足場代が変動します。例えば、以下のケースで足場費用は高くなります。

 

  • 傾斜地など足場が設置しづらい
  • 車両が入りづらく搬入が難しい
  • 隣接する建物が接近している
  • 搬入・搬出で道路使用許可申請が必要となる

 

足場は、塗装作業員が安全にきれいな塗装を行うために必要です。外壁は手作業で塗っていくため、足場が安定しないと位置によっては雑になり、ムラができてしまいます。

 

また、足場をかけると同時に設置するのが、飛散防止ネットです。飛散防止ネットがあれば、近隣に塗料が飛び散る心配もなくなります。飛散防止ネットがあると歩行者の安全も確保できるのもメリットといえるでしょう。

 

足場代は、作業員・近隣住民・歩行者の安心・安全を守るために必要です。

 

その他の施工費

 

作業項目

相場費用(1平米あたり)

塗料の飛散防止ネット

200円/1平米

高圧洗浄

250円/1平米

養生

300円/1平米

シーリング補強

1,000円/1平米

下地補修

10,000〜20,000円

現場管理

30,000〜50,000円

廃材処理費

10,000〜30,000円

 

その他の施工費に含まれる代表的なものに以下があります。

  • 塗料の飛散防止ネット……足場の外側にかけるネット
  • 高圧洗浄費……現在の外壁をきれいにするための洗浄費
  • 養生費……塗装を行わない窓サッシや玄関タイル部分などの養生費
  • シーリング補強……サイディング目地などの補強費
  • 下地補修………モルタル外壁のひび割れの補修
  • 現場管理費……工事の管理費用・管理者の人件費
  • 廃材処理費……工事で出た材料の処分費用

 

外壁の塗装は、工事をきっかけに外壁に起こっていたトラブルに気付くケースも少なくありません。

 

例えば、以下のようなケースでは修繕費用がかかり、施工費用が高くなります。

  • 外壁にコケやカビがみられた
  • 気付かない部分にひび割れがあった
  • 外壁内部にシロアリ被害があった

 

40坪の外壁塗装+屋根塗装の費用相場

施工範囲

費用相場

外壁塗装と屋根塗装を同時に行う

130万円

外壁塗装と屋根塗装を別々に行う

110万+40〜80万円=150〜190万円

 

40坪での外壁塗装と同時に屋根塗装も行う場合の相場費用は、約130万円です。上述した通り、外壁塗装と屋根塗装は、別々に施工するよりも費用が節約できます。

 

40坪の家で屋根塗装をする場合の相場費用は、約40〜80万円です。選ぶ塗料によって金額が変わるため、20〜40万円の差があります。

 

足場代を節約できるように、次回の外壁と屋根塗装のタイミングを合わせたい人は、耐用年数が一致する塗料を選びましょう。

 

例えば、屋根に「フッ素塗料」、外壁に「シリコン塗料」を使うと、塗装のサイクルを合わせられるためオススメです。

 

40坪の外壁塗装の費用相場を把握して、正しく依頼しよう

40坪の家で外壁塗装を行う場合の費用相場は、90〜140万円です。外壁塗装の費用は、塗料のグレード・外壁面積・同時に施工する範囲によって変わるため、目安と考えましょう。

 

費用の内訳は、塗料代・足場代・その他の施工費の3つに分けられます。外壁塗装と屋根塗装を同時に行うと、足場代の節約になり、費用を抑えられるでしょう。

 

見積もりのコツや、安く抑える方法をもっと詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

 

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ