お客様の夢を叶える「こだわりの提案力」

それぞれの建物によって欠損部の補修方法や下地調整のやり方、適した塗料が違ってきますので、お客様のお住まいに一番適した施工方法のご提案をしております。

 

最善のご提案をさせていただくにあたって、お客様ご自身が、なぜ塗装をする必要があるのか、その目的を正しくご理解されていることも非常に大切なポイントです。

塗装は本当に必要なことなのか?

そもそもな話、どうして家は塗替えなければいけないのか。
もしやるとしたらいつ頃塗替えなくてはいけないのでしょうか

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗替えが必要となってきます。

しかし、「何年たったら塗替えを絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に行う事です。

と言うものの、「100万も150万もかけて外壁塗装する意味があるのかしら???別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないし必要性なんてあるのかしら。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

塗装の目的は建物の寿命を延ばすことと二次的被害防ぐこと

外壁塗装とは、もちろん美観を保つにする目的もあります。
ですが、本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのをご存知でしたでしょうか?

最初にお伝えした「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事が出来ません。)

この状況に至ると材木は湿気を含み、白蟻を呼ぶ可能性もあります。さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。

外壁塗装には、こうした雨漏りによる2次的被害の誘発を阻止する役目があります。
しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。

そこで、外観をみれば誰でも簡単にチェックできる3つの注意ポイントをお知らせいたします。


お客様に幸せを届けるプランをご提案

「お住まい診断」の結果をご報告

診断結果を基に、外壁・屋根素材のご説明、傷み具合のご報告をいたします。

塗装箇所面積の算出・お見積もり書提出・ご説明

お客様にとって最適なプランをご提案

お客様のお家に合った塗装プランを数パターンをご提案します。最適な塗料とその特徴をプラン別に見ていただけるお見積もり書をご提出いたします。塗料・機能・工法・耐久年数・材料費・工事代・保証年数を明確に記載してあります。

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ