60坪の外壁塗装の相場|外壁面積の計算方法を紹介

延べ床面積が60坪の家で外壁塗装を検討している人にとって、相場がどれくらいか知りたいと考える人は多いでしょう。

 

広い家で費用がかかるのは、外壁・屋根のメンテナンスも同様です。延べ床面積が広いほど再塗装する箇所も広くなってしまい、その分コストもかかってしまいます。

 

ここでは延べ床面積60坪の家で、外壁塗装にどれくらいの費用がかかるのかを解説します。

 

60坪の外壁塗装の相場

延べ床面積60坪の外壁を塗装すると、相場は120〜170万円になります。

 

相場金額に開きがある理由の1つは、同じ延べ床面積でも外壁面積は大きく異なるからです。たとえば家を上から見た形を想像してください。四角い建物と凹みがある建物では、同じ延べ床面積でも凹みがあるほうが外壁面積が広くなってしまいます。

 

50坪や70坪といった延べ床面積の相場については、以下のリンクを参照してください。

  

50坪の費用相場について詳しく確認する

 

材料費(塗料)

相場に開きがあるのは、用いる塗料によって材料費が大きく変わるからです。

 

グレードが高く耐用年数の長いものや、断熱効果があるなど高機能なものほど塗料は高額になり、材料費も高くなります。

 

たとえば最も安価なアクリル塗料は1,000〜1,800円/㎡ですが、高価なフッ素塗料は3,000〜5,000円/㎡と3倍くらいの価格差があります。一方で耐用年数はアクリル塗料が3〜8年、フッ素塗料は15〜20年のため、価格と同等かそれ以上の差があるといえます。

 

安い価格の見積もりをくれた業者にお願いする前に、用いる塗料は何なのかチェックすることが必要です。

 

人件費

人件費の考え方は、大きく分けて2通りあります。1つ目は必要とする職人さんの数(「人工」にんく)から考える方法、2つ目は各工程の㎡当たり単価に実際の面積をかけて計算する方法です。後者を取り入れている業者は多くいます。

 

外壁塗装で職人さんが行う作業は、壁面に色を塗るだけではありません。塗装前には下地をきれいに洗い流す「高圧洗浄」や、塗料がついてはいけない部分を保護する「養生」、サイディングボード同士をつなぐ「シーリング補修」などを行います。

 

そして高圧洗浄や養生、シーリング補修などには、それぞれ㎡当たりの単価が決まっています。これにより必要な面積に単価をかけて算出していきます。

 

足場代・その他諸費用

足場にかかる費用は、足場を組む面積に㎡当たりの単価をかけて計算します。足場単価は600〜900円が相場です。

延べ床面積60坪の家の足場を組む面積(足場架面積)を399㎡と考えるなら、25万6,000〜38万4,000円くらいを相場と考えられるでしょう。

 

足場架面積は本来なら「(建物の外周+8m)×家の高さ」で計算します。しかし同じ延べ床面積60坪でも家の形もまちまちです。上から見て複雑な形をしているほど外周も長くなり、一概に足場架面積はどれくらいというのは難しいものです。

 

60坪の外壁塗装費用は外壁面積を求めると分かりやすい!

「延べ床面積×係数」という式を使って、塗装費用を概算する方法があります。ただし利用するには、以下の4点に注意しましょう。

 

  • これで求められるのはおおよその費用。延べ床面積が同じでも、家の形や高さで壁面積は大きく変わる。
  • 概算に使うのは延べ床面積であって、建坪面積ではない。
  • 外壁塗装の単価は㎡当たりで出されているため、坪数を㎡数になおす。
  • 2階建てを想定して、ここでは係数1.2を使うが、3階建てなど条件が変わると係数も変わる。

 

まず延べ床面積60坪を㎡になおさなければなりません。1坪=3.3㎡のため、60坪に3.3㎡をかけると198㎡になります。次に係数の1.2をかけると237.6㎡、これで塗装面積が求められました。

 

これに上でも用いた塗装単価を当てはめます。アクリル塗料は1,000〜1,800円/㎡、高価なフッ素塗料は3,000〜5,000円/㎡なので、23万7,600〜118万8,000円が塗装費用の相場ということになります。

 

60坪の外壁塗装をするときのポイント

外壁塗装で最も気になるのは費用かもしれませんが、他にも注意すべきポイントがあります。塗装業者からもらった見積もりが相場内におさまっていたからといって、すぐに依頼するのではなく、以下のポイントも確認していきましょう。

 

1:工事期間を確認する

平均的な家の延べ床面積は40坪前後ですから、塗装業者がHPなどに掲載している工事期間もそれに準じているものです。しかし今回の延べ床面積は60坪、工事期間はそれより長くかかります。

 

工事期間が長くかかることで近隣に迷惑がかかるかもしれません。また、期間中に家を離れる予定なら費用がかさんでしまいます。塗装工事中に雨が降ってしまうと作業が進まないため、工事期間はより長くなってしまうでしょう。

 

実際に塗装に入る前には、工事期間を確認することが必要です。

 

 2:複数業者から見積もりを行う

少しでも安く外壁塗装を行いたいなら、複数から見積もりを取り比較しましょう。

 

理由は延べ床面積60坪になると塗装面積も広くなり、わずかな単価の差のはずが大きな費用の差になるからです。塗装面積が198㎡なら、㎡単価500円の差は9万9,000円にもなってしまいます。

 

また相場より安すぎる業者にも注意が必要です。相場には裏付けがあるもの、簡単に下回ることはできません。手抜き工事の可能性も考えられるため、適正価格を提示する業者を選びましょう。

 

60坪の外壁塗装の相場を把握してから見積もりをしよう

ここでは延べ床面積60坪の場合について解説しましたが、外壁塗装を依頼する前に相場を把握しておくことは大切です。

相場より高い業者はもちろん、安すぎる業者の判断ができ、手抜き工事をされてしまう可能性を低くできます。

 

価格が安い業者は魅力的ですが、質の高い外壁塗装をお望みなら相場内、適正価格を提示してくれる業者を選びましょう。

延べ床面積が30坪や40坪の相場については、以下で解説しています。

30坪の費用を奪について詳しく確認する
40坪の費用を奪について詳しく確認する

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ