外壁塗装を一部だけなら安くなる?メリットとデメリットを解説!

塗装面にひび割れが見つかったり、手で触ると白い粉が付いたり、浮きやはがれが見られたりしたら、外壁塗装が必要なサインです。しかし、そんなサインが見られるのが外壁のごく一部の場合、どうすれば良いか迷ってしまうことでしょう。


ケースバイケースではあるものの、正解は一部だけを再塗装するのではなく、外壁全体を再塗装することです。


ここでは外壁の一部だけを再塗装することによるメリットやデメリット、全体を塗装することのメリットについて解説します。一部だけの塗装を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。


外壁塗装で一部だけ塗装するのをおすすめしない理由


外壁の一部だけを塗装するのは結果的に高くつくことが多く、おすすめできません。一部に劣化が見つかったら、他の部分も目に見えていないだけで劣化が進んでいると考えましょう。

結果的に高くつくことが多い

外壁塗装の劣化は、目立つ箇所だけが進んでいるわけではありません。目立たなくても全面的に劣化は進んでいるもので、他の箇所もじきに劣化が目立つようになるでしょう。そのたびに部分塗装を行っていては、結果的に高くついてしまいます。


外壁塗装の目的は美観を保つことと合わせて、下地や家の骨組みを主に雨から保護することです。目立たない劣化個所からも雨は侵入してしまうため、やがては建物全体の劣化を招いてしまうことでしょう。


外壁全面を塗装する費用が気になる方は、以下のリンクで相場を紹介しています。


外壁塗装の相場について詳しく確認する


請け負わない業者が多い

多くの業者は、外壁の部分塗装を請け負いません。


外壁塗装の劣化を他の箇所と同じように仕上げるのは難しいものです。理由は塗られてから時間が経過した外壁の色の再現はできないからで、色あせや汚れを加味した色を作ることは不可能だからです。また塗装した当初は同じような色でも、時間がたつと両者の色目の差は際立ってくるでしょう。


ただ四面ある外壁のうち日光の当たり具合などが原因で、一面だけ劣化がひどいというなら、その面だけの再塗装であれば請け負ってくれるかもしれません。ただし、他の面との色目の違いには目をつぶるという条件付きになることが多いでしょう。

外壁塗装で一部だけ塗るメリットとデメリット


それでも外壁の一部だけを補修したいというお客さんが後を絶たないのは、主に金銭的なメリットが大きいからでしょう。どうしても部分塗装を依頼するときには、メリットを上回るデメリットがあることを理解しておいてください。


メリット

外壁の部分塗装を行うメリットは、主に金銭的なものです。あわせて見逃せないのが、外壁塗装を行うサイクルをずらせることと工期が短くて済むことです。メリットを簡単に解説していきます。

全体塗装より費用が抑えられる

部分塗装のメリットは、全体を塗装するよりも費用が抑えられることです。外壁塗装の費用は、塗装面積に比例して上がっていくものです。劣化した箇所だけ塗装を行えば、施工面積が狭くなる分費用がかからないのは魅力に感じられるでしょう。


ただしここで知っておきたいのは、面積に比例して上がっていくのは、塗料代や人件費など一部の費用だけということです。たとえば高所作業用の足場を組む費用は、面積が大きくても狭くても、かかる費用はほぼ同じです。


一部を補修するために足場を組み、しばらくたったら別の箇所を補修するためにまた足場を組むということを繰り返すくらいなら、一気に足場を組んで全体を塗りなおした方が費用を抑えられます。


全体塗装より費用が抑えられるのは間違いありませんが、それはあくまでも短期的に見た場合のみであることに注意してください。

塗装が必要な時期をずらせる

四面ある家の外壁の一面だけ劣化がひどい場合、用いる塗料をあえて耐久性の低いものにすることで次の再塗装時期と他の三面の再塗装時期を合わせられます。


一面のために塗料のグレードを低くすることで、費用を抑えることも狙えます。


また一面の再塗装に用いる塗料のグレードを、あえて高くするというのも上手いやり方です。他の三面に再塗装が必要な時期には、一面は高いグレードの塗料のおかげで再塗装の必要がないため、費用を抑えることができるのです。

工期が短い

塗装面積が小さくなると、かからなくなるのは費用だけではありません。その分、作業量も少なくなることで工期も短くなるでしょう。


工期が短くなることで冷房が使えない、窓が開けられない、洗濯物の外干しができないなど制限される時間も短くなり、依頼者の負担も軽くなります。騒音に悩まされる時間や、においが強い期間も短くなり、近隣から苦情がくる可能性も低くなるでしょう。


また工期が短いということは、塗装した箇所を乾燥させる時間も短いということです。そのため、ちょっとした晴れ間を使っての工事も可能になります。外壁塗装に不向きとされている冬場での施工も可能になり、閑散期ならではのお得な料金の提示を受けられるかもしれません。

デメリット

美観の維持と建物の保護の2つが外壁塗装の役割ですが、その両方でデメリットがあるのが外壁の一部だけの塗装です。建物の一面だけ塗装の劣化がひどいなど、特殊なケースを除いて、あまりおすすめできるものではありません。

色むらができる

美観の維持という点で問題になるのが、色むらです。


劣化をした箇所だけ再塗装を行うのは、他の箇所との色合いの違いが目立ってしまいます。経験を積んだ職人さんでも、再塗装した箇所を周囲になじませるのは至難の業となるでしょう。


また再塗装した箇所は、他の箇所とは塗装された時期も違えば、用いられている塗料も違います。色のあせ具合や汚れの付き方が変わるため、当初は問題がなくても時間がたつにつれ、違和感は大きくなっていくでしょう。


再塗装した箇所と他の違和感は、建物の一面すべてを塗ってしまうなら和らぐものです。費用をどうしても抑えたいなら、補修したい箇所だけの塗装ではなく、壁一面の再塗装をおこなうことをおすすめします。

建物全体の劣化を防げない

一部だけの塗装だと、水分や紫外線から建物を保護するという塗装の役割を十分に果たせなくなります。


塗装が劣化したというサインが出ているなら、ダメージは一部ではなく塗装面全体におよんでいると考えましょう。にもかかわらず劣化している箇所だけを補修するなら、他の劣化した箇所がカバーできないままになってしまいます。


明らかになっていない箇所から劣化が進み、知らない間に建物にダメージが蓄積されてしまうかもしれません。


特に劣化がいちじるしい一面だけを塗装するなら、建物の保護という点では問題はないでしょう。しかし次に問題になるのが、他の面の再塗装時期とのタイミングのずれです。再塗装が行われていない面も、いずれは手を入れなければいけないことを考えつつ、塗料のグレードを選びましょう。


塗装以外の費用が重複してかかる

部分塗装のデメリットは、金銭的な面にもおよびます。それは全体塗装だと一回ですむ出費を、部分塗装なら回数を重ねる分だけ繰り返さなければいけないからです。


一回で済む出費とは、主に高所作業用の足場代です。外壁すべてを塗装するなら、足場代は一回で済みますが、部分塗装だと塗装を行うたびに足場代を支払わなくてはなりません。


短期的な出費でみるなら部分塗装は確かに安くつきますが、長期的にみるなら外壁すべてを塗装した方が費用は安くなるでしょう。


外壁塗装のメリットを損なう上に、長期的にみると費用もかかってしまうのが、外壁の劣化箇所だけの塗装です。


美観の維持と建物の保護以外の外壁塗装のメリットについて詳しく知りたい方は、以下のリンクを参照してください。


外壁塗装のメリットについて詳しく確認する

外壁塗装で一部だけ塗る場合の費用相場


ここでは、一部だけ塗る場合の費用の相場について解説をします。


1㎡あたり1,700~5,000円が相場となりますが、これはほぼ塗料代となっています。費用に幅があるのは、用いる塗料のグレードによって大きく金額が上下するからです。


高所を再塗装するなら、塗料代以外に別途で足場代もかかりますし、サイディングのパネル同士をつないでいるコーキングが劣化していたなら、打ち直しの費用がかかります。また塗装綿だけでなく下地も劣化しているようなら、補修代金が別途でかかるなど、他にも費用が加算されるでしょう。

まとめ

外壁の一部塗装はあまりおすすめできません。色むらが発生しやすく美観の維持が十分にできず、大部分が劣化したままになることから建物の保護という役割も果たせないからです。


一部塗装は費用面でメリットがあると考えられがちですが、長い目で見るとかえってコストがかかってしまいます。かかる費用を軽くしたいなら屋根との同時塗装を健闘したり、DIYに挑戦したり、助成金を探ってみたりすることをおすすめします。


詳しくは以下のリンクを参照してください。


外壁塗装のDIYについて詳しく確認する

外壁塗装でお金がない場合について詳しく確認する

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ