外壁塗装の断熱効果とは?断熱塗料の特徴や知っておきたいポイントを徹底解説!

外壁の再塗装を考えているなら、断熱塗料を用いるのは良いアイデアです。理由は外壁の保護や美観を保つことに加えて、熱をさえぎったり逃げにくくしたりする性能があり、室内を快適に保てるからです。一年中室温が快適になることに加えて、節電や結露防止といった効果も期待できます。

 

断熱塗装は単に再塗装を行うだけでは物足りないという方におすすめです。この記事では、断熱塗料の効果や特徴に関して解説していきます。

 

断熱塗料とは?


外壁や屋根に塗ることで、屋外の暑さ寒さを屋内に伝わりにくくするのが断熱塗料です。夏は太陽からの熱が伝わるのを抑え、冬は冷気を遮断できます。

 

とはいえ高い性能を期待しすぎると、がっかりしかねません。断熱効果が得られるといっても、通常の塗料と比較してのことです。

 

通常の塗料による塗装に断熱効果を加えたいという方におすすめであって、断熱性のみの向上には、さらに高い効果が得られる方法があることは知っておきましょう。

 

外壁塗装の断熱効果・特徴

外壁や屋根に断熱塗装を施すことで、いくつかのメリットを得られます。中でも大きいのは年中快適な室温を保てることですが、他にも節電の効果や結露を抑制する効果、防音効果も期待できます。

 

熱を伝わりにくくして快適な室温を保てる

断熱塗料を外壁・屋根に用いることで、屋外の暑さ・寒さが伝わりにくくなります。そのため屋内は年間を通じて快適になります。

 

塗料で断熱効果が得られる理由は、塗膜の中に作られる空気の層が熱伝導を抑えるからで、宇宙開発の現場で用いられている技術を外壁・屋根用の塗料に応用したものです。

 

あわせて断熱塗料が持っているのは遮熱効果、日光を反射することで太陽熱を遮断する効果もあります。遮熱効果を特別に高めた「遮熱塗料」ほどではないとはいえ、夏の暑さを和らげることができるでしょう。

 

また断熱塗料で冬場に期待できるのは保温効果です。あたたまった室内の熱を空気の層により逃げにくくすることで、寒い冬も快適に過ごすことができます。

 

節電効果が期待できる

断熱塗料により期待できるのは、エアコンやヒーターの使用を抑えることによる節電効果です。塗料によっては実証実験により省エネ性が証明されているものや、省エネ製の高さが評価され数々の賞を獲得しているものもあります。ある程度の節電効果が期待できるでしょう。

 

同時に排出する二酸化炭素の削減もできるため、断熱塗料は環境にやさしいリフォームと言えるでしょう。

 

全国の自治体には断熱塗料での外壁・屋根の塗装に補助金を出しているところもあります。アップリメイクでは施工エリアの情報は逐一チェックしており、補助金が出るようなことがあれば、よりお得な外壁・屋根のリフォームを提案できます。

 

結露の発生を抑えてカビ防止にもなる

断熱性の高さは、結露の発生を抑えます。結露とは室温との差が大きくなることで、冷やされた空気中の水蒸気が水滴となってあらわれることです。寒い日の窓ガラスや冷たい飲み物を注いだグラスの表面に、水滴が付く現象がイメージしやすいでしょう。

 

断熱性が低い家の窓ガラスや壁には結露が起こりがちですが、とりわけ壁の結露で引き起こされるのがカビの発生です。カビは見た目が悪くなるだけでなく、感染症やアレルギー反応など健康被害を引き起こす恐れもあります。

 

断熱塗料の使用は外気の影響を少なくするため、壁だけが冷えるのを抑える効果も。これにより結露が発生しにくくなるため、カビの発生も防止できます。環境にやさしいだけでなく、住む人の健康にもやさしい家になるでしょう。

 

雨音や外部音などの防音効果が期待できる

断熱塗料を用いた外壁や屋根は、雨音や外を走る車の音、話し声などを和らげる効果があります。通常の塗料を用いた屋根・外壁の塗装より、さらに静かな室内を実現できます。

 

防音性が高まる理由は、通常の塗料より分厚い塗膜を作ったり、音を伝える振動を小さくするセラミックが使われたりすることがあげられます。またたくさんの気泡を内包していることから、多くの断熱塗料は防音効果もあわせ持っているのです。

 

一部の断熱塗料は、屋内にも使うことで高い防音効果を発揮します。たとえば「ガイナ」を用いた実験では、騒音を4dB~10dBも軽減できています。屋外の音に悩まされている方は、外壁・屋根の塗装だけでなく、室内の塗装も検討してみましょう。

 

おすすめ断熱塗料の種類5選!

様々なメーカーが断熱塗料を手掛けていますが、ここでは特におすすめの5種を取り上げます。外壁塗装を行う業者によっては、メーカーと特約店契約を結ぶことで安く提供していることもあるため、紹介する銘柄がないかをチェックしてみましょう。

 

  • ガイナ
  • キルコート
  • 断熱コートDX
  • NTダンネツコート
  • ドリームコート

 

ガイナ

日進産業「ガイナ」は、数々の採用実績を誇る断熱塗料です。通常のお家はもちろん、工場や公共施設、船舶の甲板などにも用いられています。

 

ガイナで目をひくのは、JAXAの技術を応用しているところでしょう。打ち上げ時の高熱からロケット本体や搭載の人工衛星を守るために使われている塗料の技術が、ガイナにも応用されています。

 

数々の実績やJAXA由来の先端技術から、確かな効果が期待できるガイナですが、一方で価格が他の断熱塗料よりも高いことや、仕上がりのバリエーションに艶消ししかない、施工が難しいなどのデメリットもあります。

 

デメリットをも上回ると魅力を感じた方は、外壁・屋根の再塗装にぜひガイナを指名してください。

 

キルコート

シンマテリアルワン「キルコート」は、先述したガイナと比較・検討されることが多い断熱塗料です。

 

キルコートは他の断熱塗料にはない、高い伸縮性を持っているところが最大の特徴です。下地に小さなひび割れがあっても塗装でき、ひび割れができてしまった場合にも塗膜を延ばすことでおおえるため、モルタルの外壁に特に向く断熱塗料です。

 

メリットは塗料自体の価格はガイナよりも安いことです。施工には専用のトップコートを塗り重ねる必要があるため、トータルで見ると少し安くなる程度になるでしょう。あわせて仕上がりのバリエーションが艶消ししかないというデメリットもあります。

 

断熱コートDX

「断熱コートEX」は、1944年に創業した東日本塗料株式会社の断熱塗料です。

 

特徴はガイナやキルコートとくらべると価格が大幅に安いことと、メーカー独自の工夫により、トップコートが不要になったところの2つ。資材費と工賃の両方で費用を削減でき、手頃な価格で断熱リフォームを行いたい方に、断熱コートEXはおすすめです。

 

断熱コートEXはトップコートを施すことで、ツヤありの仕上がりも選べます。

NTダンネツコート

「NTダンネツコート」は、航空機や風力発電の風車向けの塗料を手掛けている会社、日本特殊塗料株式会社の断熱塗料です。

1929年の創業以来、社名の通り特殊な塗料を手掛けてきたノウハウが、NTダンネツコートには投入されています。

特徴は価格が安いと紹介した断熱コートEXよりも、さらに安い価格を実現しているところです。そのためコストが気になっている方には、特におすすめです。

また、優れた防音性を備えていることもNTダンネツコートの特徴です。雨音が気になる方は、屋根への塗装を検討してみてください。

 

ドリームコート

「ドリームコート」は関西ペイントが手掛ける断熱塗料です。関西ペイントは長い歴史を持っているだけでなく、業界第1位の売上高を持つ総合塗料メーカーのため、ドリームコートに大きな安心を感じる方も多いことでしょう。

 

特徴は超軽量というところで、建物に大きな負担をかけることがありません。気温により左右されることのない弾力性も持っており、季節を問わず高い防水性を保てます。

 

価格は上で紹介したNTダンネツコートよりもさらに安く設定されており、に試せる断熱塗料です。関西ペイントのブランド力と相まって魅力的な製品となっています。

 

外壁塗装の断熱について知っておきたいポイント

良いことばかりのような断熱塗装ですが、決してそれだけではありません。メリットと同様にデメリットもあるのが外壁・屋根の断熱塗装です。ここからは、断熱塗装を行う前に知っておきたいポイントについて解説します。

 

通常の塗料よりも高価

通常の塗料より高価なのが断熱塗料です。一般的な塗料が1,800~3,000円/㎡に対して、断熱塗料は2,400~4,500円/㎡、中には通常の塗料で行われる3度塗りに加えて、最後にトップコートを塗り重ねるタイプもあることから、資材費だけでなく工賃の面でも割高になります。

 

一般的な塗料と断熱塗料で迷ったら、ご自身のお家や塗ろうとしている建物が断熱塗料の性能を発揮しやすいか否かを考えてみましょう。

 

断熱塗料の効果が高いとされるのは、壁に断熱材が入っていない古い造りの家や、熱が伝わりやすく逃げやすい金属製の外壁の家です。プレハブ小屋や工場など、断熱性をほとんど考慮していないタイプの建物も、断熱塗料の効果が得られやすいでしょう。

 

明るい色の方が断熱効果が高い

断熱塗料の色は明るい色を選んだ方が、より高い効果を発揮できます。

 

明るい色には太陽光線を跳ね返す性質があり、遮熱効果を持っています。一方で濃い色には太陽光線を吸収する性質があることで、遮熱効果が出にくい特徴があります。

 

たとえば反射率が最も高いとされる白色と、濃色のブラウンとを比較すると、前者が91%に対して後者が43%、実に倍近い違いです。

 

色の選択肢が狭まるのは、断熱塗装のデメリットの1つと言えるでしょう。

 

効果を実感しにくい場合がある

断熱塗料は効果が実感しにくい場合があります。

 

理由は熱が出たり入ったりするのは、外壁が12~19%に屋根が5~6%、両方合わせても17~25%でしかないからです。一方で最大の熱の出入り口である窓は52~74%。外壁や屋根に断熱塗料を用いるより、内窓を取り付けて二重窓にするなど、窓に対策を施した方が効果が大きいでしょう。

 

遮熱塗料と断熱塗料の違い

遮熱塗料と断熱塗料の大きな違いは、断熱塗料が熱を伝えにくく逃がしにくいことに対して、遮熱塗料は熱を反射してしまうところです。断熱塗料は四季を通じて快適で、遮熱塗料は夏場を快適に過ごすのに効果的といえるでしょう。

 

また、耐用年数にも違いがあり、断熱塗料の方が遮熱塗料より、耐久年数が長い特徴があります。理由は断熱塗料には紫外線に強いとされる樹脂が含まれているからで、遮熱塗料は含まれていない分耐用年数が短くなってしまいます。そのかわり樹脂を加えていない分、遮熱塗料の方が断熱塗料より安い特徴があります。

 

 

断熱塗料

遮熱塗料

特徴

熱を伝えにくく逃がしにくい

熱を反射する

メリット

室温を快適にする

節電

防音

結露の発生を抑える

熱の影響を減らすことで快適にすることができる

デメリット

値段が高い

効果を感じにくい場合がある

主に夏場にしか効果を得られにくい

耐用年数

15~20年

10~20年

施工費用(1㎡あたり)

2,300~3,500円

2,400~4,500円

 

断熱塗料を活用して自宅に適した外壁塗装をしよう!

断熱塗料は優れものではありますが、多大な期待は禁物です。断熱目的のためではなく、外壁や屋根を再塗装する際に、断熱性能を加えるためのもの程度に考えておくのが良いでしょう。

 

期待できる効果は断熱効果にともなう室内の快適性の向上や電気代の節約、結露の発生の抑止などです。断熱が施されていない古い家などでは、特に断熱塗料の効果が実感できるかもしれません。

断熱塗料はぴったりの環境に用いることで、より効果を発揮してくれます。

 

 

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ