静岡市駿河区 S様邸 外壁・屋根塗装リフォーム事例


20180402ssama035.jpg

地 名

静岡市駿河区

概 要

外壁・屋根塗装リフォーム

使用塗料

外壁:パーフェクトトップ
   (4回塗り)
屋根:サーモアイ4F(4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
ウレタンシーリング増し打ち


外壁・屋根塗装リフォーム前

20180402ssama008.jpg20180402ssama005.jpg20180402ssama009.jpg
外壁はひび割れも生じ、はがれてしまっている部分もありました。折半屋根は錆が発生していて塗装もはがれていました。屋上の汚れや劣化はかなり進行していました。
20180402ssama007.jpg20180402ssama006.jpg 
軒天(ケイカル板)はバリバリにはがれていました。軒天(ALC)にいたっても下地処理が必要な状態でした。 


外壁・屋根塗装リフォーム中

20180402ssama011.jpg20180402ssama010.jpg20180402ssama002.jpg
高圧(バイオ)洗浄を先にかけていきます(写真は折半屋根)。外壁の高圧(バイオ)洗浄で表面をきれいにし塗装しやすくします。こちらではシーリングは増し打ちによる工法で行います。
20180402ssama003.jpg20180402ssama004.jpg20180402ssama014.jpg
まずはプライマーを塗布していきます。シーリング材が充填され平らにしたら完了となります。軒天の塗装の前にはがれた箇所の処理などを行います。
20180402ssama020.jpg20180402ssama021.jpg20180402ssama019.jpg
下地が傷んでいる状態での塗装は劣化が早まるため、下地はしっかり処理して塗装に入ります。下地処理がしっかりしているので、塗装が密着して補修跡も目立たなくなっています。外壁・軒天(ALC)の下塗りで使用した塗料になります。
20180402ssama027.jpg20180402ssama013.jpg20180402ssama023.jpg
こちらは外壁・軒天(ALC)の上塗りで使用した塗料になります。軒天(ALC)の下地処理後の様子です。相当に傷んでいた証拠です。同じく下地処理を施して塗装に入ります。
20180402ssama028.jpg20180402ssama029.jpg20180402ssama012.jpg
2F外壁の色と同じ黄色で仕上げていきます。軒天(ALC)は4回塗りの仕上げとなっています。外壁のひび割れの処理を施した後の状態になります。
20180402ssama022.jpg20180402ssama024.jpg20180402ssama026.jpg
外壁の塗装に入ります。まずは下塗りになります。先程もいったように劣化がかなり進行していたため、下塗りは2回行います。外壁の中塗りに入っていきます。下の外壁は桃色系の色で仕上げていきました。
20180402ssama030.jpg20180402ssama016.jpg20180402ssama015.jpg
軒天(ALC)と同じく外壁は4回塗りの仕上げとなっています。折半屋根は金属製なのでケレン作業を行っていきます。(ボルトキャップ設置は除く)屋根で使用した塗料(左から専用錆止め・上塗り)です。
20180402ssama017.jpg20180402ssama018.jpg20180402ssama032.jpg
ボルトキャップ設置は以前の施工でしてあるので塗装のみとなります。屋根は劣化しやすいので、下塗り(錆止め)は2回必ず塗装します。屋根の上塗りに入っていきます。グレーに近い色で塗装していきます。
20180402ssama034.jpg20180402ssama031.jpg20180402ssama033.jpg
仕上げの工程で折半屋根をピカピカに仕上げることができました。最後に屋上の下塗りに入ります。屋上やベランダはトップコート2回塗装しました。


外壁・屋根塗装リフォーム施工前・後外観

20180402ssama001.jpg20180402ssama035.jpg
施工前はところどころはがれが目立っていた外観でした。上下ではっきりと色分けされて黒のアクセントが映える外観となりました。


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ