静岡市葵区 M様邸 外壁・屋根塗装リフォーム事例


20180111msama034.jpg

地 名

静岡市葵区

概 要

外壁・屋根塗装リフォーム

使用塗料

外壁:パーフェクトトップ
   (4回塗り)
屋根:無機遮熱塗料(4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
変成シリコン打ち替え


外壁・屋根塗装リフォーム前

20180111msama030.jpg20180111msama031.jpg
施工前の外壁がこちらでも退色が目立っていました。基礎は茶色く変色していました。サッシ周囲のシーリングがはがれかけていました。
20180111msama032.jpg20180111msama033.jpg
樋は錆は目立たなかったのですが、退色がやはりありました。シャッターBOXも同様に錆はあまり目立ちませんでしたが、やはり色褪せていました。


外壁・屋根塗装リフォーム中

20180111msama007.jpg20180111msama005.jpg20180111msama006.jpg
2階建てで高さもあるため、全体の塗装には足場設置が必須となります。屋根は苔で茶色く変色していたため、高圧(バイオ)洗浄で下地をきれいにします。外壁も同様に高圧(バイオ)洗浄にて汚れなど落としていきます。
20180111msama001.jpg20180111msama002.jpg20180111msama003.jpg
シーリングが変色して劣化もしていたため打ち替えによる工法を採用します。劣化したシーリング全て取り除いてプライマーを塗布します。シーリング材を充填していきます。平らにしたら、テープを取り完了となります。
20180111msama004.jpg20180111msama008.jpg20180111msama009.jpg
これでシーリング工事が完了となります。屋根の塗装に入っていきます。シーラーを吹き付けていきます。2回目の塗装では洋瓦専用のシーラーを吹き付けていきます。
20180111msama010.jpg20180111msama011.jpg20180111msama012.jpg
シーラーの淡い茶色から無機遮熱塗料の茶色を重ねます。再度同じ塗料を吹き付けます。苔で変色していた黒の屋根から茶色のきれいな屋根に変わりました。軒天の塗装に入ります。こちらは中塗りとなります。
20180111msama013.jpg20180111msama014.jpg20180111msama015.jpg
軒天は使用頻度の多い白で仕上げていきました。外壁の塗装に入ります。こちらは下塗りとなります。下塗りは従来1回でしたが、2回のほうが利点がある場合があります。
20180111msama016.jpg20180111msama017.jpg20180111msama018.jpg
2回の下塗りを経て、中塗りに入っていきます。元の色に近い色(こちらではグレー)で仕上げました。樋の塗装になります。元の色で仕上げることがほとんどです。
20180111msama019.jpg20180111msama020.jpg20180111msama021.jpg
こちらでは元が黒のようなので、艶のある黒で仕上げました。シャッターBOXの錆止めに入っていきます。シャッターBOXも元が黒のため、黒で仕上げていきます。
20180111msama025.jpg20180111msama022.jpg20180111msama023.jpg
シャッターBOXに艶が戻ってきました。最後に基礎の塗装に入ります。(写真はシーラー塗布)基礎専用塗料を使用して中塗りを行っています。
20180111msama024.jpg20180111msama026.jpg20180111msama027.jpg
茶色がかっていた基礎は白いきれいな基礎に生まれ変わりました。基礎や樋など付帯で使用した塗料・シーラー(屋根でも使用)・錆止め塗料です。外壁で使用した塗料(下塗り・上塗り)と防カビ剤です。
20180111msama028.jpg  
こちらは屋根で使用した塗料です(洋瓦専用シーラー・無機遮熱塗料)。  


外壁・屋根塗装リフォーム前・後外観

20180111msama029.jpg20180111msama034.jpg
退色がある程度進んでいた施工前の外観でした。特に下の外壁の退色が気になりました。日光が当たると白く反射している面があり、きれいに仕上がっているのが分かります。


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ