静岡市清水区 Gアパート 外壁・屋根塗装リフォーム事例


20170930gsama001.jpg

地 名

静岡市清水区

概 要

外壁・屋根塗装リフォーム

使用塗料

外壁:セラミックシリコン樹脂
   (4回塗り)
屋根:フッ素樹脂(3回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)


外壁・屋根塗装リフォーム前

20170923gsama016.jpg20170925gsama005.jpg20170923gsama017.jpg
外壁のトタン・鉄部・屋根の塗装を行うことになりました。屋根は色褪せて塗装が劣化している状態でした。外壁(トタン)の錆やはがれが発生していました。
20170923gsama028.jpg20170923gsama018.jpg20170923gsama019.jpg
庇表面の塗装がボロボロでした。玄関面鉄部の汚れや錆も少し目立ってきていました。階段は外にあるため錆の影響などかなり受けていました。


外壁・屋根塗装リフォーム中

20170923gsama022.jpg20170923gsama021.jpg20170923gsama006.jpg
足場の施工が必須となります。バイオ洗浄を全体にかけていきます。こちらで使用した塗料(と防カビになります。
20170923gsama007.jpg20170923gsama005.jpg20170923gsama024.jpg
玄関面鉄部のケレンを施して塗装しやすくします。ローラーを入れにくいため、吹き付けによる塗装で施工します。錆止めを施した後はフッ素(樹脂)塗料を吹き付けていきます。
20170923gsama004.jpg20170923gsama023.jpg20170923gsama010.jpg
もう一度フッ素樹脂塗料を吹き付けているところです。手すりも鉄製なのでケレンを施してから塗装します。手すりの錆止めは手塗りで行います。
20170923gsama009.jpg20170923gsama002.jpg20170925gsama001.jpg
手すりの中塗りが完了した状態です。手すりにも同じくフッ素(樹脂)塗料を塗布します。軒樋の一部に破損があったため、取り替えが必要となります。
20170925gsama002.jpg20170925gsama003.jpg20170923gsama027.jpg
破損した軒樋を撤去した後の状態です。新しい軒樋が取り付けられました。庇はケレン・錆止めを十分に行って中塗りを塗布します。
20170923gsama026.jpg20170923gsama011.jpg20170923gsama012.jpg
庇の仕上げの塗装になります。外壁の下地処理・ケレン(清掃)をかけていきます。錆びにくくするため、錆止めを塗布します。
20170923gsama013.jpg20170923gsama014.jpg20170923gsama015.jpg
錆だけでなく、塗装のはがれもあったため、2回錆止めを塗布しました。錆対策を完全にしてから、中塗りを塗布します。外壁の最後は上塗りを行い、合計4回塗装という仕上がりとなりました。
20170925gsama006.jpg20170925gsama007.jpg20170925gsama008.jpg
屋根の下塗りに入ります。耐久性を考慮してフッ素樹脂塗料で仕上げました。2回目の屋根の塗装で全体の塗装が完了に近づいています。
20170925gsama004.jpg  
塗装工事が全て完了となったため、足場を払うのみとなります。  


外壁・屋根塗装リフォーム後

20170930gsama001.jpg20170925gsama009.jpg20170923gsama020.jpg
外壁はトタン面(その他屋根・鉄部含む)のみでしたが、それでも印象が大きく変わります。色褪せて薄くなっていた屋根は濃い茶色に仕上がりました。ボロボロにはがれている箇所はほとんど目立たなくなり、錆にも強い外壁となりました。
20170923gsama025.jpg20170923gsama003.jpg20170923gsama001.jpg
ボロボロの庇も下地処理をしっかりして塗装したので、きれいに仕上がっています。玄関面の鉄部は白から全体の付帯の色に合わせ茶色く仕上げました。階段の施工もきれいに仕上げさせていただきました。
20170923gsama008.jpg  
手すりの錆もほとんど目立ちませんでした。  


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ