静岡市駿河区 M様邸 外壁塗装リフォーム事例


20171202msama016.jpg

地 名

静岡市駿河区

概 要

外壁塗装リフォーム

使用塗料

外壁:セラミックシリコン樹脂
   (4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
ウレタンシーリング増し打ち


外壁塗装リフォーム前

20171202msama001.jpg20171202msama006.jpg20171202msama002.jpg
和風建築の住宅を施工させていただきます。外観上は問題ないように思えます。和風建築では多いひび割れがこちらでも発生していました。(特にサッシ周囲)樋の金具が白く変色していました。錆びている場合がほとんどです。
20171202msama003.jpg20171202msama004.jpg20171202msama007.jpg
雨戸は色が薄れていました。玄関部分の軒天ですが、防腐対策を施したほうが良さそうです。錆が目立ったフードの状態です。
20171202msama005.jpg  
同じく物置にも錆が発生していました。  


外壁塗装リフォーム中

20171202msama024.jpg20171202msama022.jpg20171202msama023.jpg
高圧(バイオ)洗浄を行うため、全体に足場が架かった状態です。軒天に高圧(バイオ)洗浄をかけていきます。外壁の汚れがきれいに落ちているのが分かる状態です。
20171202msama025.jpg20171202msama026.jpg20171202msama020.jpg
シーリング工事に入っていきます。(写真はプライマー塗布)サッシ周囲などにシーリング工事を施しました(増し打ちによる)。軒天の中塗りに入っています。こげ茶色に塗られています。
20171202msama027.jpg20171202msama029.jpg20171202msama030.jpg
中塗りに続き、浸透性の防腐剤を塗布しました。外壁の1回目の下塗りです。従来は次に中塗りでした。築年数がかなり経過し、下塗り1回より2回のほうが持ちやすいです。
20171202msama031.jpg20171202msama032.jpg20171202msama033.jpg
外壁の下塗りが2回完了しました。外壁の中塗りに入っていきます。淡い茶色の塗料で仕上げます。中塗りと同じ色の塗料で上塗りを行っていきます。
20171202msama034.jpg20171202msama028.jpg20171202msama035.jpg
外壁の塗装が全て終わりました。(こちらは使用塗料と防カビ剤)付帯部の塗装に入ります。最初に錆止めを塗布します(こちらは雨戸)。錆止めがしっかり密着(乾燥)したところで中塗りを塗布します。
20171202msama036.jpg20171202msama038.jpg20171202msama021.jpg
中塗りでも使用した色で雨戸などの付帯部も仕上げていきます付帯部ではシリコンよりもフッ素樹脂のほうが長く持ちやすいので、起用しています。木部ぬれ縁には軒天と同じく浸透性防腐剤を使用して仕上げていきます。
20171202msama037.jpg20171202msama017.jpg20171202msama018.jpg
1回目の塗装が乾いて浸透したところで2回目の塗装に入ります。テラス波板(1面)は劣化があったため全て撤去しました。新しい波板を1枚ずつ貼り替えていきます。
20171202msama019.jpg20171202msama008.jpg 
ビスで固定して全て貼り替えが完了しました。(最終)検査を終えて、足場を払う前の状態です。 


外壁塗装リフォーム後

20171202msama016.jpg20171202msama011.jpg20171202msama012.jpg
施工前の色味を活かした仕上がりとなっています。外壁のひび割れもほとんど解消されていました。樋の色は茶色からこげ茶色に仕上げました。金具の錆も目立ちませんでした。
20171202msama010.jpg20171202msama009.jpg20171202msama015.jpg
黄色かった雨戸から和風建築で多く利用されているこげ茶色で仕上げました。施工後の玄関部分の軒天を見ると、施工前がだいぶ劣化していたのが分かります。錆が目立っていたフードは白からこげ茶色に塗り替え、錆は目立ちませんでした。
20171202msama014.jpg20171202msama013.jpg 
錆が目立った面でしたが、物置に錆はありませんでした。ぬれ縁も和風建築に見合う色で仕上げました。 


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ