静岡市葵区 T様邸 外壁塗装リフォーム事例


20180105tsama021.jpg

地 名

静岡市葵区

概 要

外壁塗装リフォーム

使用塗料

外壁:アクアUVコートフッ素
   (4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
ウレタンシーリング増し打ち
 


外壁塗装リフォーム前

20180105tsama001.jpg20180105tsama003.jpg20180105tsama009.jpg
白い外壁・塀(付帯含む)の塗装を行うことになりました。こちらでもチョーキングは発生していました(日当たり良好な面)。基礎自体にかなり汚れがありました。
20180105tsama010.jpg20180105tsama007.jpg20180105tsama005.jpg
玄関付近の軒天は年数によって褪せてきていました。軒天全体も同様に褪せていました。一部黒く変色もあります。樋が褪せていました。同時に金具が錆びているケースも少なくありません。
20180105tsama004.jpg20180105tsama008.jpg20180105tsama006.jpg
戸袋は鉄部に当たるので、こちらでも退色がありました。フード・庇とも退色して錆も発生しやすくなっていました。ガス管は地面に近いほど錆がひどかったです。上のほうも光沢が褪せています。
20180105tsama002.jpg  
外壁の塗装にあわせて、塀の塗装も行うことにしました。  


外壁塗装リフォーム中

20180105tsama022.jpg20180105tsama023.jpg20180105tsama024.jpg
全体の塗装ともなると、足場の設置が必要となります。高圧(バイオ)洗浄によりあちこちから汚れが流出していました。基礎も外壁同様、汚れがある程度落ちていきました。
20180105tsama025.jpg20180105tsama026.jpg20180105tsama029.jpg
シーリング工事を行っていきます。こちらはプライマーを塗布していますシーリングを充填し、シーリング工事完了後の状態です。軒天の1回目の塗装に入ります。木製なので、浸透性防腐剤を塗布します。
20180105tsama030.jpg20180105tsama028.jpg20180105tsama031.jpg
軒天2回目の塗装も浸透性防腐剤を塗布します。これで傷みにくくなります。一部ひび割れがあったため、Vカット・シーリング処理をまず施します。モルタル処理を施し、ひび割れを目立ちにくくします。
20180105tsama032.jpg20180105tsama033.jpg20180105tsama035.jpg
周囲の模様にあわせて下地調整(パターン付け)をします。下地処理が終わったらいよいよ塗装に入っていきます。一度下塗りしましたが、下塗り2回で耐久性は1回より高くなります。
20180105tsama037.jpg20180105tsama038.jpg20180105tsama027.jpg
外壁の中塗りに入っていきます。緑色に仕上げるようです。外壁の上塗りに入っていきます。戸袋の錆止めを行っていきます。
20180105tsama034.jpg20180105tsama039.jpg20180105tsama042.jpg
戸袋の中塗りから艶が次第に出ています。フッ素樹脂塗料を使用して戸袋の耐久性を高めていきます。退色がひどかった樋の塗装に入ります。
20180105tsama044.jpg20180105tsama040.jpg20180105tsama041.jpg
こちらもフッ素樹脂塗料を使用して耐久性を高めます。最後に基礎の塗装に入ります。シーラーを塗布します。シーラー塗布後基礎専用塗料で仕上げていきます。
20180105tsama045.jpg20180105tsama036.jpg20180105tsama043.jpg
さらに基礎専用塗料を塗り重ねていきます。外壁・塀(の下塗り)で使用した塗料と防カビ剤です。外壁・塀(の上塗り)で使用した塗料です(アクアUVコートフッ素)。
20180105tsama011.jpg  
足場を払う前の状態となります。  


外壁塗装リフォーム後

20180105tsama021.jpg20180105tsama015.jpg20180105tsama017.jpg
白から緑の外観に生まれ変わり、落ち着く印象を受けます。近くで見ると落ち着いた色味の緑の外壁となりました。黒く点々と(汚れが)目立ちましたが、白に近いグレー一色の基礎となっております。
20180105tsama016.jpg20180105tsama018.jpg20180105tsama014.jpg
玄関軒天は茶色、梁は素材の色を生かした淡い色で仕上げました。退色していたり、黒く変色していた軒天は茶色一色で統一感があります。樋は艶のある茶色に仕上げ、金具の錆も解消されました。
20180105tsama013.jpg20180105tsama020.jpg20180105tsama019.jpg
戸袋は和風建築では多く使用されている茶色で仕上げました。フード。庇ともにこちらも仕上げ色は茶色となっています。錆びていたガス管はこげ茶色に塗り替えました。
20180105tsama012.jpg  
塀も外壁と同じく緑色で仕上げました。  


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ