静岡市駿河区 S様邸 外壁・屋根塗装リフォーム事例


20180323ssama024.jpg

地 名

静岡市駿河区

概 要

外壁・屋根塗装リフォーム

使用塗料

外壁:無機塗料(4回塗り)
屋根:無機遮熱塗料(4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
変成シリコン打ち替え


外壁・屋根塗装リフォーム前

20180323ssama006.jpg20180323ssama001.jpg20180323ssama008.jpg
遠目からでは破風(板金)の塗装が黒から茶色にはがれていました。屋根は退色して茶色く苔で汚れている部分もありました。外壁は雨染みや苔などで黒く変色していました。
20180323ssama007.jpg20180323ssama009.jpg 
基礎に一部赤い汚れ(錆などで発生する)が付着していました。ベランダの一部が汚れていました。 


外壁・屋根塗装リフォーム中

20180323ssama032.jpg20180323ssama018.jpg20180323ssama019.jpg
下から上まで足場を架けている状態の施工となります。屋根の高圧(バイオ)洗浄の状態から汚れが堆積していたのが分かります。外壁の高圧(バイオ)洗浄をかけていない部分とかけた部分で(汚れ具合の)違いは一目瞭然です。
20180323ssama005.jpg20180323ssama004.jpg20180323ssama003.jpg
シーリング工事となりますが、打ち替えによる施工をさせていただきます。撤去されてできた隙間にプライマーが塗布されていきます。シーリング材が充填され、先程のプライマーが接着剤機能を果たします。
20180323ssama002.jpg20180323ssama025.jpg20180323ssama028.jpg
新たにシーリングが打ち替えられ、本格的に塗装施工に入ることができます。外壁の下塗りで使用した塗料(軒天で使用した塗料含む)になります。外壁の上塗り・屋根・樋など付帯で使用した塗料とタスペーサー、防カビ剤になります。
20180323ssama030.jpg20180323ssama013.jpg20180323ssama015.jpg
屋根の下塗りには透明のシーラーを使用します(次は屋根専用遮熱シーラーを使用)。屋根の下塗り・タスペーサーを取り付けた後上塗りに入ることで屋根の塗装が効率良く行えます。屋根の上塗りを再度行い、きれいに終えることができました。
20180323ssama026.jpg20180323ssama027.jpg20180323ssama029.jpg
外壁の塗装に入っていきます。まず最初に下塗りを塗布します。外壁の劣化状況から2回下塗りを塗布しました。下塗りが均一に塗布されたところで中塗りに入っていきます。
20180323ssama031.jpg20180323ssama010.jpg20180323ssama011.jpg
きれいな状態を長く持たせる(ことができる)無機塗料を使用しました。樋は薄く褪せていたため、茶色の塗料を使用してきれいに仕上げます。ベランダの塗装に入ります。こちらでは立上り部分の塗装となります(タイル設置面は塗装なし)。
20180323ssama012.jpg20180323ssama014.jpg20180323ssama016.jpg
施工前よりもきれいに仕上げることができました。最後に基礎の塗装に入ります。基礎専用塗料で仕上げていきます。
20180323ssama017.jpg20180323ssama020.jpg 
基礎は合計3回塗装しました。検査をして足場を払ったら完了に近づきます。 


外壁・屋根塗装リフォーム後

20180323ssama024.jpg20180323ssama022.jpg20180323ssama023.jpg
外壁の色は施工前の色をそのまま、破風に色が戻ってきてきれいに仕上がっていました。苔による汚れや退色が目立った屋根ですが、茶色一色のきれいな屋根に生まれ変わりました。外壁の汚れがひどかった面でしたが、艶もあり新築当時の色を取り戻していました。
20180323ssama033.jpg20180323ssama021.jpg 
基礎は白に近いグレーに塗装され、きれいなのが分かります。樋もピカピカになりました。 


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ