静岡市葵区 K様邸 外壁・屋根塗装リフォーム事例


20180301ksama030.jpg

地 名

静岡市葵区

概 要

外壁・屋根塗装リフォーム

使用塗料

外壁:無機塗料(4回塗り)
屋根:無機遮熱塗料(4回塗り)
付帯部:フッ素樹脂(3回塗り)
変成シリコン打ち替え


外壁・屋根塗装リフォーム前

20180301ksama021.jpg20180301ksama023.jpg20180301ksama028.jpg
ベースとアクセントで色分けされた家でしたが、どちらも色が褪せていたのが分かりました。外壁の塗膜が粉状になっているので、すぐに劣化していると分かりました。屋根は汚れや退色が目立ち、なおかつ日光が当たるため劣化は顕著なものとなっております。
20180301ksama026.jpg20180301ksama027.jpg20180301ksama025.jpg
基礎の塗装はあわせて行うことをお奨めすることが多くあります。軒天は黒く汚れ、軒樋(特に金具部分の)はがれもありました。樋の色がかなり褪せていました。
20180301ksama024.jpg20180301ksama022.jpg 
シャッターBOXの色も褪せていました。エアコンホースは黒ですが、こちらもあわせて塗装することになりました。 


外壁・屋根塗装リフォーム中

20180301ksama004.jpg20180301ksama005.jpg20180301ksama006.jpg
施工に当たっては足場を設置した状態で行います。高圧(バイオ)洗浄により、屋根をきれいにしていきます。外壁は(バイオ)洗浄で旧塗膜などを落としていきます。
20180301ksama001.jpg20180301ksama003.jpg20180301ksama002.jpg
劣化したシーリングを撤去していきます。撤去した箇所に接着剤となるプライマーを塗布します。新しくシーリング材を充填していきました。
20180301ksama029.jpg20180301ksama017.jpg20180301ksama018.jpg
シーリング工事を終えてから塗装に入ることができます。最初は屋根の1回目の下塗りに入ります。屋根専用(遮熱)シーラーを2回目の下塗りで塗布します。
20180301ksama016.jpg20180301ksama015.jpg20180301ksama020.jpg
上塗りに入る前にタスペーサーを挿入しました。屋根の上塗りを2回行って屋根の塗装は完了となります。軒樋は施工前と同じくグレーで塗装します。
20180301ksama019.jpg20180301ksama010.jpg20180301ksama009.jpg
均一に塗装されているので、艶も出ていました。外壁の下塗りに入っていきます。従来は次に中塗りになります。相当の年数が経過していると、1回より2回のほうが持ちが良くなります。
20180301ksama008.jpg20180301ksama007.jpg20180301ksama011.jpg
下塗りが終わったら紺色の塗料を塗布して中塗りを行います。中塗りと同じ塗料で上塗りを行います。基礎の下塗りになります。
20180301ksama012.jpg20180301ksama013.jpg20180301ksama014.jpg
基礎専用塗料を使用して仕上げていきます。中塗りに続き、上塗りを行っていきます。塗料をはじめ防カビ剤やこちらではタスペーサーも使用しました。


外壁・屋根塗装リフォーム後

20180301ksama030.jpg20180301ksama034.jpg20180301ksama031.jpg
紺色に塗り替えられた外壁が日光に反射してきれいでした。近くで見た外壁はむらなく仕上がっていました。黒く汚れていたところもありましたが、白さを取り戻した基礎です。
20180301ksama033.jpg20180301ksama032.jpg20180301ksama035.jpg
軒天・軒樋ともに汚れ一つない状態でした。樋に艶が出ていて、色も元の色で仕上げてあります。シャッターBOXも同じくグレーで外壁の紺と合っています。
20180301ksama036.jpg  
エアコンホースも周囲の付帯にあわせてグレーで仕上げました。  


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ