外壁・屋根塗装に最適な季節・ベストシーズン

塗料は、気象条件によって乾燥の度合いが変わるので、塗料の乾燥時間などは、塗装を行う季節に左右されます。

春や秋は、気候が比較的安定しているため塗装に適していますが、夏や冬でも塗装は可能で、それぞれにメリットとデメリットがあります。

このページでは、季節によるメリット・デメリット、劣化状況から判断する最適な塗装時期について紹介しています。

■季節によるメリット・デメリット

気温が5℃以下の場合や湿度85%以上の気象条件の場合は、塗料の乾燥が不十分になり、施工不良が発生する可能性が高いです。

そのため、雨の日で湿度が高い場合や、塗装を行うことができません

春や秋は、気温が5℃以上で天候が安定しているので、外壁塗装に適している季節ですが、夏や冬でも気象条件に問題が無ければ施工は可能で、それぞれの季節にメリットやデメリットがあります。

●春(3月~5月)


春は、気温と湿度が安定しているため、塗装に適している季節です。但し、繁忙期なので、塗装業者は非常に忙しく、施工の予約が取りづらいデメリットがあります。

弊社でも春や秋は申込みは多く3か月先まで施工予約で埋まることがあります。

また、春雨前線の影響で雨が降りやすい場合があるので、注意が必要です。

●夏(6月~8月)


夏は、梅雨による雨や湿度が高い日が多いので、施工が出来ない日が多くなりますが、まったく施工ができなくなるわけではありません。乾燥などの管理をしっかり行えば、工期は長くなりますが、施工自体はできます。

気温が非常に高い日は、塗料の乾燥が早くなり、施工不良のに繋がる可能性があるので、しっかりとした施工管理することが重要です。

施工中は窓を開けれない場合が多いので、生活が息苦しくなるデメリットもあります。

●秋(9月~11月)


秋は、気温と湿度が安定しているため、塗装に適していますが、台風の影響で工期が延びる場合があるので、注意が必要です。

また、春と同様に繁忙期なので、施工の予約が取りづらいです。

●冬(12月~2月)


冬は、気温が低くなるので、塗料の乾燥が悪くなります。静岡エリアは関係ありませんが、積雪地帯は雪の影響で塗装を行うことが出来ません。

年内に施工を終わらせたい方が多いため、年末は混み合いますが、1月と2月は閑散期で業者のスケジュールに余裕があるため、割引などのサービスを受けれることもあります。

■劣化状況から判断する最適な塗装時期

塗料の耐久年数を過ぎると、チョーキングヒビ割れ塗膜の剥がれなどがが発生します。

これらの劣化症状は、塗膜の防水機能が失われている状態なので、建物へのダメージや雨漏りの原因になる可能性があるため、修繕が必要です。

劣化症状が現れる前に塗装を行うのが理想で、その場合は築年数や塗料のグレードで判断していきます。

塗装を行う時期の目安は、新築の場合は、築10年程度が目安で、2回目以降の塗装は、1回目に施工した塗料のグレードによって変わります。

参考までにグレード別の期待耐久年数は以下の通りです。前回の塗料からこの年数が過ぎるころが塗替え検討時期です。

・シリコン塗料:7年~12年
・ラジカル制御塗料:10~13年
・フッ素塗料:12~15年
・無機塗料:15~12年

同じグレードでも塗料により耐久年数は異なるため、あくまでも目安です。

前回の塗料がわからない場合などは、私どもに現地調査をさせていただければ、適切な塗装時期をお伝えできますので、お気軽にお問い合わせください。

■まとめ

一般的に外壁塗装に最適な季節は、とされていますが、夏や冬にも施工は可能です。

春と秋は繁忙期で、予約が取るのが大変で業者が忙しいですが、冬の1月と2月は、閑散期で業者のスケジュールに余裕があるため、融通が効きやすいです。但し、雨天や降雪時には施工が行えないため、注意が必要です。

劣化症状がある場合は、雨漏りなどの危険性があるため、季節に関わらず早急に対応しましょう。

適切な塗装時期がわからない場合は、私どもにご連絡いただければ、建物を調査して適切な塗装時期をお伝えできます。

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ