塗装業を行う業者の種類

塗装を手掛ける業者は、様々な種類に分けることができます。どの種類の業者を選ぶかで塗装工事の品質や施工料金が大きく変わります。

このページでは、塗装業者の種類と特徴、業者の選び方のポイントについて紹介しています。

■タイプ別、業者の特徴

●ハウスメーカー

ハウスメーカーは、家を建てた実績があるので安心感と大手の保証が継続できるメリットがあります。

但し、実際の塗装工事は、下請けの業者が行います。そのため、業者を選ぶことができないので、見積もりの段階で、技術力や知識に有無を確認することができません。

また、中間マージンが発生するので、塗装専門店よりも2~3割程度、割高になる場合がとほとんどです。

●工務店

工務店は、主に住宅の建設を請け負う業者で大工工事が専門です。そのため、外壁塗装は下請けの業者が担当する場合が多いので、事前に施工業者の技術力や知識を確認できないデメリットがあります。

また、中間マージンが発生するので、塗装専門店より割高になります。

●リフォーム会社

リフォーム会社は、外壁塗装や内装、水回りのリフォームなど、住宅に関する施工に幅広く対応しています。

元々は、1つの施工内容を専門に手掛けていて、対応できる施工内容を広げていった場合が多いです。

そのため、塗装専門店からリフォーム会社になった業者は、塗装の技術力や知識がありますが、塗装以外を専門としていた業者は、塗装の技術力や知識が低く、下請けを使う可能性があるので注意が必要です。

●家電量販店

家電量販店は、下請けを使って施工を行います。そのため、中間マージンが発生し、業者を選ぶことが出来ないといったデメリットがあります。

●塗装専門店

塗装専門店は、地元で塗装工事を請け負っている専門店です。自社職人を抱えているので、塗装の技術力が高く知識が豊富です。

また、中間マージンが発生しないので、施工料金を最も抑えることができます。

 

■業者の選び方のポイント

塗装専門店は、技術力と知識があって施工料金を抑えることが出来るのでオススメです。

塗装専門店の中でも優劣があるので、複数社からお見積りを取得して、比較検討することが重要です。

但し、大手の保証を継続したい場合は、ハウスメーカーで施工を行うのがオススメです。

 

■まとめ

塗装業者は、ハウスメーカー、工務店、リフォーム会社、家電量販店、塗装専門店に分けることができます。

それぞれに特徴がありますが、低価格で高品質な施工を希望する場合は、塗装専門店で施工を行うことをオススメします。塗装専門店の中で比較検討して、施工業者を決めることが塗装工事を成功させるポイントです。

アップリメイクは、塗装専門店の中でも、地元静岡市で創業40年を越え、今までの施工実績も2,300棟を越えています。相見積もりの際は、私どもも1社に入れていただければ、必ず満足していただく自信があります!お気軽にご連絡ください。




 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ